コンポンスプー州ボンクナー小学校に勉強机12個を寄贈

活動レポート

最終更新日 2023年1月24日

今年度のボンクナー小学校は、プレイボン小学校同様に生徒人数過多。

とりわけ、3年生のクラスは生徒数54人のため、2人掛けの机に3~4人掛けで座っていました。

そこで、12月下旬に勉強机の製作を大工さんに依頼。

大工のRayさんです。

中華正月明けの1月23日月曜日の朝、学校に届けられました。

いかがですか。

さすがです。とてもきれいに仕上がっていますね。

これ、1つ当たりの価格、結構するんですよ。

今回は、マンスリーサポーター様からの寄付金と個人の方々の寄付金を合わせて、ご支援させていただきました。

合計で600$。

決して、安い支援ではありません。

 

午後一番に訪問すると、子供たちが待ち構えていたように飛び出してきました。

段差に気を付けながら、各教室に搬入です。

男の子たちがこぞって力を貸してくれました。頼りになります。

この満面の笑顔。

英語のKosal先生も手伝ってくれました。

これで、このクラスは、2人掛けで座れるようになりました。

先生の指示で、机の配置を調整しています。

後ろの方にある壊れている机は、後日補修する予定です。

校長先生より、ご支援者全員に感謝状を頂きました。

木製品の値段が高騰している中、数を購入することが困難になりつつある教室用の机。

これでも、まだ、生徒数に比べて数が不足しております。

子どもたちのより良い学習環境のために、追加支援にご参加できる方を募っております。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに子どもたちの幸せを願っていただきますように、オークン

日本にいながらできるご支援はこちら

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちら

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

 

コメント

EnglishJapaneseKhmer