第3の学校訪問先はコンポントム州に

活動レポート

今回コンポントムに出向いたのは、学校の視察が大きな目的でした。

コンポントムにも、州立の教員養成大学があります。

私は、かつて、ここの校長先生をはじめ、先生方とも合同で研修会を行ったり、交流活動を行ったりしていました。

お気に入りのゲストハウス。

そして、コンポントム州には、太古の歴史を示す世界遺産「Prasat Sambor Praikuk」があります。2017年に世界遺産に認定されました。

街道沿いに案内板があります。

中田さんの眠るアツ小学校があることも、繋がりを感じる理由なのかもしれません。

日本からのご支援者にとって交通のアクセスがいいことが、こちらへの支援をすすめる理由の一つになっています。

なにしろ、プノンペンとシェムリアップの中間地点に位置しているので、学校支援訪問後には、アンコール観光へ2時間ほどで行けるのです。

ただ、スバイリエン州やプレイベン州の田舎道は、本当に道が悪く、道路の凸凹の衝撃で車酔いの心配もあります。

それほど、過酷なんです。

でも、そんな辺境地にこそ、支援の必要性があるのも事実。

今後、スバイリエン州、プレイベン州に続いて、コンポントム州にも活動を広げていけたらと思っています。

活動をサポートしてくださるチャントゥーさん。

笑顔でかわいらしい、そして、英語が堪能な女性です。

 

国道6号線は、道がきれいでとても走りやすいです。

時速80kmで走れます。

ホンダウェーブ125CC、どんな道もよく走ります。

これを、作り上げた本田宗一郎氏の魂を感じます。

コンポントムを午前10時半に出て、プノンペンには午後2時半に到着しました。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

記事の拡散・シェア、大歓迎です。

なお、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

コメント