【喜びと感動の体験】学校支援訪問 ➤
フェイスブック動画チャンネル

ポルポト政権が3年8カ月の間に行ったこと

カンボジアの歴史

1975年4月17日 人々は悪夢を見た

もはやこれまでと観念したロンノル自身は、政権を手放し、ポルポト軍が首都に迫る1975年4月1日ハワイへ逃亡しました。

プノンペンの人々は、シアヌークを首都に迎え入れたこととアメリカに勝利したという喜びと共に、クメールルージュを迎え入れました。

誰もが、これで戦争のない平和なの世の中になると考えました。

でも、ポルポト軍の行ったことは、それは全く正反対のことだったのです。

形式的にはシアヌークを国家元首として、カンボジアに迎え入れたのですが、彼はほとんど権限を与えられず、幽閉状態にされてしまったのです。

実質的に政治的な権限を握ったのは、ポルポトでした。

中国の毛沢東の改革思想を学んだポルポトは、原始共産主義という思想に基づき、これまでの社会を真っ向から否定しました。

初めにポルポト軍は、旧ロンノル軍の兵士を捕えることでした。

投降した兵士

隠れている兵士

すべて、処刑されました。

そして、兵士ばかりではなく、軍の政権下で政治に関わっていた人々を家族共々すべて連行し、殺害しました。

 

「草を刈るなら根っこまで」

こんな思想がクメールルージュにはありました。

 

体制を維持する方策を学んだポルポトは、それを自国で徹底して実行し始めたのです。

格差のない社会
知識の必要のない社会
生活が保障される社会

でも、そのために人々は大きな犠牲を払わなければなりませんでした。

失ったものが家や財産だけなら、まだ生きる希望もあったでしょう。

でも、たった一つの命という犠牲を払わされた人々が、いかに多かったことか。

ポルポト政権の破壊活動

また、ポルポトの思想では、貨幣は不要でした。

その大元をコントロールする国立銀行を破壊しました。

この日から、カンボジアの貨幣は紙くずとなったのです。

町中の道路には、不要となった貨幣がばらまかれていました。

これまでお金を稼ぐために働いてきた人々を嘲り笑うように・・・・。

そして、すべての政府の機関、裁判所、学校、病院、図書館、寺院などを封鎖しました。

それらの施設は、軍によって倉庫や兵士の宿舎に使用されました。

この3日間で、敵とみなされた人々は連行されていき、人々の目の届かないところで処刑されました。

公務員、教師、医師、僧侶、旧文化の毒された人々・・・、すべての知識人が対象でした。

隣国のベトナム人や外国人も同様です。

海外の記者を含め、多くの外国人も連行されたまま戻ってくることはありませんでした。

危険を察知した人々は、国際的に治外権が認められる大使館の中に逃げ込もうとしました。

この光景は、映画「キリングフィールド」でも描かれていますね。

その後、彼らがどうなったかは知る由もありません。

そして、首都プノンペンに住んでいた多くの一般人は、農村へ移動させられました。

すべての老人、病人、子どもたちも含めて。

この時、これを拒んだ人々は、その場で射殺されたと言われています。

私が知人から直接聞いた話です。

現在45歳の知人はこう語ります。父親は医師でしたが、周りの住民の密告により、ポルポト軍に連行され、トゥールスレンで亡くなったそうです。現在、ご本人も母親も生きているということは、父親は、拷問されても医者だとは自白しなかったのでしょう。命を懸けて、家族を守ったということです。涙なしには、聞けない話です。

このようにして、フランス統治時代には東洋の真珠といわれた首都プノンペンは、わずか3日でゴーストタウンになりました。

1975年4月17日、この日がポルポト政権下において、200~300万人の人々が虐殺された暗黒の歴史の始まり日なのです。

農村部への強制移動

ポルポトは、こうして彼らからすべてを奪い取り、プノンペンに住む人々を農村へ追いやりました。

3つの隠された歴史検証

1 当時のプノンペンには、ポルポト軍の迫害から逃れてきた地方の人々がロンノル軍と共に流れ込んでいて、通常の2倍から3倍の人々に膨れ上がっていました。もちろん、すべての人を賄う食料はありませんでした。その証拠に、プノンペンの犬が消えたと言われています。それほど、食料に困窮していたことがわかります。
2 ロンノル軍の兵士が民間人に成りすましているかもしれないと疑心暗鬼にかられたポルポト軍は、疑わしき人を次々と捉えて、トゥールスレン収容所に連行しました。一般人も、知識人を撲滅するために、手がきれい、眼鏡をかけているなどの理由で連行されました。もちろん、ひとたび収容所に連れていかれたら、生きて戻ることはありません。プノンペンにいた何百万人の市民を殺す人間と労働させる人間に選別したというのが実態です。
3 ポルポトは差別のない社会を目指していました。頭を使って富を築くのは堕落した思想を持っているからだと考え、彼らを農村で労働させることによって再教育しようとしたのです。教育と言うと聞こえがいいようですが、実際にはオンカー(上の者と言う意味)の監視下に置かれ、抵抗したり文句を一言でもいったものは、直ちに処刑されたと言います。空腹に耐えきれなかった子供が監視の目を盗んで、バナナを口にしたのを見つかって、その場で殺されたというような話も、生き残った人の証言から後からわかりました。公平に貧しくあるのが理想であり、自分だけ利益を得ようとするものは悪であるという考え方が根底にあることがわかります。

炎天下の歩行

下は、私が親しい友人から直接聞いた話です。

この女性の母親は現在75歳。プレイベン州のセントラルからバッタンバンまでの380kmを、数か月かけて、しかも裸足で歩かされたそうです。彼女は、当時30歳で、まだ体力があったから、何とか歩き通したと語ります。

当時は、乾季の真っただ中で、しかも4月と言えば1年で最も暑い時期です。

当然、途中で行き倒れる人が多く出ます。

どのみち労働力にもならないと考えたポルポト軍は、歩くのを拒否した人をその場で射殺しました。

病気の人や歩けなくなった老人は、そのまま置き去りにされたそうです。

こういった一連の非人道的な行為を目にして、人々は、求めていた政治とは全く正反対の社会がやってきたことを知らされていったのです。

新住民と旧住民

人々が、行き着いた先は、農村地帯でした。

そこでは、旧住民と新住民に分けられ、都会からやってきた人々は新住民として、旧住民の配下に置かれました。

クメールルージュの思想は、地方で農業に従事しているものが理想とする国民(旧住民)であり、都会で堕落した生活を送っていた人々(新住民)は農業に従事させることで再教育するというものでした。

国民を2分化し、片方を優遇し、もう片方は冷遇する。

敵と味方に分けて人々をコントロールするという手法を巧みに使っていたと言えます。

そして、農業用水の確保のために堤防や灌漑工事を強いられました。

現在、きれいに整備されている運河。(2019年11月 学校支援訪問に向かう途中にコンポントム州にて撮影)

当時の過酷な労働によって、作られたものと考えると、心がざわつきます。

新住民の人々は、炎天下の中14時間、たった一日2回のおかゆを与えられるだけで働き続けなければなりませんでした。

そのおかゆも、ほとんど水のようなものだったと言われています。

「生かさず殺さず」

これがポルポト政権の合言葉でした。

個人が財産を持つことは許されない。
国民は全員農業に従事する。
生産されたものは国民に平等に配分される。
結婚も、オンカーの指示に従って強制的にさせられる。
家族の存在も、教育も、宗教も、すべて体制に反するもの。

これが、ポルポトの目指す農業を主体とした原始共産主義の形だったというわけです。

オンカーの教育

ポルポトは、決して表に出ることはありませんでした。

それゆえ、人々は、ポルポトの存在を知らず、ただオンカー(お上)に従うように命令されていました。

実際に、政務を担当していた複数幹部たちの存在も、後になって明らかになりました。

 

ポルポトは、家族の存在も否定しました。

子どもたちは、村落に集められ、強制的に教育を受けました。

それは、現在の学校教育のような幅広い最低限の知識を持たせる教育ではなく、オンカーに従うためだけの思想教育でした。

少年少女たちは、純粋なゆえにオンカーの思想を信じ、ポルポトの意のままに行動しました。

これは、アンコールワット寺院内で教育を受けている当時の子どもたちの様子です。

中には、ポルポトに忠実に従う兵士として育成された子供たちも大勢いたのです。

終わりなき裁き

資本主義においては、個人が資産を築くことは自由であり、資産を築くほど英雄視されますが、原始共産主義では資産家は自分勝手で堕落した人間の象徴として扱われるのです。

レーニンやスターリン下のソ連、経済開放以前の中国がそんな国家体制でしたね。

カンボジアも20世紀初頭のフランス統治時代には、王国制を基盤にした資本主義国家でした。

資本主義が過度に進むと、貧富の差が生じて、国の体制が収集つかなくなる。その先に、平等な社会を実現するための社会主義、共産主義が到来するというカール・マルクスの理論に沿った歴史の流れをポルポト政権の誕生に見ることができます。

隣国の戦争、繰り返される内戦・・・、ポルポトは、これらを根本解決するためにとった最善策だと考えたのでしょう。

かといって、体制維持のために国民を虐殺することが赦されるはずもありません。

原始共産主義の思想は、日本人の我々からは想像もつかないものですね。

 

2020年になり、国際法廷によって裁かれたポルポトの元幹部も、獄死あるいは病死などで、ほとんどが亡くなっています。

 

2009年2月17日朝日新聞記事より引用

虐殺の真実を語り継ぐ人が少なくなっていることを危惧しています。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です。

この記事に共感いただける方は、ワンクリックで投票をお願いします。

明日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように。

この活動に「いいね」をお願いします。
最新情報をお届けします。
カンボジアの歴史
カンボジア教育支援「チアフルスマイル」

コメント