【喜びと感動の体験】学校支援訪問 ➤
フェイスブック動画チャンネル

1975年4月17日 ポルポト政権が生み出した負の遺産の始まりの日

カンボジアの歴史

この記事は、ポルポト政権が生まれた背景の続きです。

フランス統治時代のプノンペン

1970年代、プノンペンは、当時東洋でも指折りの大都市でした。

西洋風の建物におしゃれな街並み。

市場には人が集まって、賑わいを見せていました。

都会のプノンペンでは、様々な生活物資が手に入りました。

ここに住めば、貧しい地方の暮らしとは違った、豊かな生活が送れると人々は信じていました。

また、地方で爆撃を受けていようとも、ここでは平和な生活が送れると思っていました。

首都プノンペン陥落

アメリカ撤退後、ロンノル軍に対抗する勢力が増す中、1975年4月17日、ポルポトが率いるカンプチア民族統一戦線が首都プノンペンを制圧し、ロンノル政権はこの日を持って、完全に崩壊しました。

プノンペンの人々は、これで平和が取り戻せたと思い、彼らを大歓迎しました。

北京に滞在していたシアヌークがプノンペン王宮に戻り、元の王政国家の復活を市民も喜んだのです。

しかし、ロンノル政権に関係していた人々を初め、その他多くの人々の期待を裏切る出来事がこの後起こることになるのです。

ポルポトの思想

ポルポト率いるクメールルージュは、原子共産主義という思想を掲げていました。

それを人々が理解するのは、ポルポト政権が行ったことの数々を見てからのことです。

いや、それを見ずに命を落としていった人も相当数いることでしょう。

 

ポルポト軍は、まず、投降したロンノル軍兵士を処刑しました。

そして、役所、警察署、消防署、図書館、博物館、娯楽施設、学校、寺院など、あらゆる公共施設を占拠し、公務員、会社員、自営業者、教師、医師、僧侶など、農業従事者以外のすべての知識階級に当たる人々を連行しました。

その多くは、収容され、拷問にかけられた上、処刑されたと言います。

プノンペンの政府機関は多くが破壊されました。

公共施設、銀行、学校、寺院・・・。

カンボジアの貨幣は、この日から紙くずになりました。

原子共産主義は、個人が資産を持つことは認めないのです。

国民は、皆国家の元平等であるという考え方です。

知識は悪

そして、「知識は悪を産む」という思想なので、政治家・医者・教師などは、捉えられて処刑されました。

カンボジアでこの光景を見たポンナレット久郷さん(当時6歳)は、この時の様子を涙ながらに以下のように語っています。

4月17日、数人の兵士が自宅を訪ねてきて、図書館の館長だった父親を連行されていったきり、父親に追うことはありませんでした。

待ち受けていた強制労働

経済活動が一切意味を持たない世界。

自由に商売さえもできない社会。

ポルポト軍はプノンペンの人々に、

「アメリカ軍が再爆撃に来るので地方に避難しなければならない。」

と偽りの情報を伝え、自宅から退去するように伝えて回りました。

250万人の市民は、家や財産を捨て、退去を余儀なくされ、地方の農村部へと徒歩で移動させられたのです。

炎天下の中、徒歩での移動です。

身動きできなくなった老人たちは、そのまま放置されていったそうです。

 

こうして、首都プノンペンは、わずか3日間でゴーストタウンになりました。

そして、移動した先で人々を待っていたのは、再教育を名目にした過酷な強制労働だったのです。

彼らは、新住民と呼ばれました。

続きはこちらへ

ポルポト政権下の3年8か月で行われたこと


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です。

この記事に共感できた方は、ワンクリックで投票をお願いします。

明日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように。

この活動に「いいね」をお願いします。
最新情報をお届けします。
カンボジアの歴史
カンボジア教育支援「チアフルスマイル」

コメント