【喜びと感動の体験】スマイルサポートツアー ➤
フェイスブック動画チャンネル

ウィンウィン記念塔

カンボジアの歴史

内戦の完全終結宣言

1998年12月29日は、カンボジアの内戦の終結宣言がされた日で、国民が平和を手にした記念すべき日とされています。

フンセン首相が主導で推進された「ウィンウィン政策」によって実現されたものです。

それから、現在まで20年経過したことと、現在の経済発展と豊かな社会を実現しつつあることを記念して、巨大な記念塔がプノンペンの北部に建造されました。

実際に訪れてみると、広大な敷地に、大きな塔が立っているのが遠くからでもわかります。

本日は平日のためか、観光客の数もまばらでした。

この中にも、入れるようになっているのですが、今回はなぜか閉まっていました。(残念)

政策の柱としての三つの保障

1.体と生命の保証

政府に協力的する人の身体と生命の保障

2.職業の保証

生計を維持できるような個人の仕事を保障

3.所有物の保証

個人の財産や所有物を保障

これらにより、国民の安定した生活が維持されているということです。

軍事博物館的な要素

ちなみに、カンボジアも現在国防軍を持っていますね。

プノンペン王宮周辺には、銃を構えた兵隊の姿を見かけます。

その正面には、中国の支援で巨大なスタジアムを建設中。

2023年にカンボジアでアジア競技大会が開催される予定です。

近くにあるサファリパークの入り口です。

一度は行ってみたいですね。

この活動に「いいね」をお願いします。
最新情報をお届けします。
カンボジアの歴史
国際協力非営利活動法人「チアフルスマイル」

コメント