カンボジアで粋なカラオケソングをご紹介

カンボジアの生活

カンボジアの人は、カラオケが大好き。

週末や休日には、外にテーブルを広げて、でっかいスピーカーを設置して、大音量でカラオケを楽しむ人もいます。

街には、ファミリーカラオケもありますが、自宅で行うのが主流のようです。

 

さて、カンボジアで歌われるデュエットソングの中に「Sneha Nak Lerng Tnort」(ヤシの実取りの恋)という曲があります。

相思相愛の二人が愛の言葉を交わします。

彼は、たて笛を吹きながら求愛します。

切ない胸の内を恥ずかしそうに言葉にする彼女。

彼の答えを待ちます。

カンボジアの女性の特徴、「うぶで照れ屋」というのをうまく表現しています。

彼は死ぬまで一緒にいると語ります。

私はあなたと一緒に死ぬわと答える彼女。

熱愛ですね。

この歌、郷愁溢れるメロディーと美しい歌声が心にしみます。

ស្នេហាអ្នកឡើងត្នោត – សេម & ឆេង ដានិច | Sneha Nak Lerng Tnoat – Sam Ft Danich (Cover)

確かに、カンボジアの女性は、この歌のように命がけで人を愛します。

そして、この歌が国民に愛されるということは、こういう純愛を誰もが受け入れているのだと思っています。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

写真をワンクリックですることで、子供たちへの支援につながります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

コメント