【クメールの微笑み】憩いのカフェ

カンボジアの生活

こちらのカフェショップ。

コンポンスプー州の過疎地にある、私にとっては憩いのカフェ。

プノンペンの各通りには、軒並みに見つかるカフェも、田舎に行くとなかなか見つからなかったりするものです。

お店の前一帯が、グリーンに覆われています。

見た感じは、ごく普通のカフェなんですが・・・・。

奥には、藁ぶき屋根でオープンエアな場所が並んでいます。

都心のカフェのように、車の駐車時に、並べて、駐車券を受け取って、・・・などの、わずらわしさが無いことも田舎ならではの良さ。

ちょっと休憩する場所には、もってこいの雰囲気。

奥のテーブルは、パームツリーで造られています。

だから、こんな風に休息が取れちゃいます。

私も、よくロングドライブの途中に立ち寄らせていただきます。

つい、うとうとと仮眠してしまったり・・・。(笑)

こんな時に子どもの頃に見た思い出す風景があります。

ランニングシャツで汗だくになって働いていた工夫の人たちが、昼飯を食べた後、木陰で横たわっているシーン。

あの人たち、ほんの5分~10分ほど体を休めるだけで、再び午後に働き出すんですよね。

やっていることは違えども、自分もあの感覚に陥ります。

バッテリーが20%に落ち込んだスマホを、チャージしているようなものです。

そして、冒頭の写真の彼女。

カンボジアの店員さん、仏頂面した方も多いのですが、この方、いつもにこやかな笑顔を見せてくれます。

そして、てきぱきと彼女の働く姿に、伝統舞踊アプサラのイメージが重なります。

「チアフルスマイルの関係者にお見せして、お店を宣伝するので、写真を撮らせてください。」とお願いすると、これも満面の笑みで快諾。この、心の大らかさがまたいいのです。

こういう時に、クメールの女性って、ちょっと恥ずかしそうな、照れくさそうな表情をするんですね。

この辺りが、カンボジアの女性は日本人よりも大和撫子だと言われる所以です。

特別に着飾っているでもなく、ごくごく普通のいで立ちの女性なのに、なぜか心がほっとします。

満面の笑みに、心が癒されるのでしょうね。

スマホが急速充電されます。(笑笑)

こんなふうに歯を見せて笑う人って、カンボジアではそれほど多くはいませんから。

日陰で、そよ風に当たりながら、ハンモックに横たわって飲むコーヒー。

おまけに、笑顔のおもてなし。

快適空間。

都心のスタバで飲むコーヒーとは、一味も二味も違います。

こちらは、昨日ご支援させていただいたRom Chek Primary School行く途中のWat Tabeng Secondary Schoolの前にあります。

昔話を聞けば、この先に続く道も内戦時代は、地雷が埋設されており、戦車が走行していたのだそうです。

心地よい風に当たりながら、この場所で40年前に起こっていたことを想像していました。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに英知が泉のように湧き上がりますように、オークン

日本にいながらできるご支援はこちら

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

インターンシップについて詳しく読みたい方はこちらへ

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

コメント

EnglishJapaneseKhmer