【喜びと感動の体験】スマイルサポートツアー ➤
フェイスブック動画チャンネル

どうしても受け付けられないもの

カンボジアの生活

*この記事は、見たくない人はスルーしてください。

日本の食べ物で外国人がどうしても受け付けられないものがあることをご存知ですか。

1 塩辛

2 生卵

3 納豆

4 梅干し

5 鯨肉

こんなものが挙げられます。

カンボジアにも、その類のものがあります。

今日ご紹介するものが、カエル肉です。

ビールのおつまみに最高といわれるこの肉。

私は、どうしても受け付けられません。

それは、塩辛を平気で食べている日本人をいぶかしげに見る外国人がもつ感覚と全く同じものでしょう。

あと、クモやサソリなどの昆虫類も基本的にはダメです。佃煮にして食べるのですが、これでたんぱく源を補充できるのだそうです。

ただ、すべてのカンボジア人がこれを食べるかというとそうでもありません。

日本人で納豆のにおいがだめであったり、塩辛の生臭い匂いに嫌悪感を持ったりする人がいるのと同様ですね。

これまでの食習慣で培われてきた経験が影響するということでしょう。

この活動に「いいね」をお願いします。
最新情報をお届けします。
カンボジアの生活
国際協力非営利活動法人「チアフルスマイル」

コメント