【Activoのページ】学校支援訪問 ➤
フェイスブック動画チャンネル

プノンペンでの日曜日

カンボジアの生活

新型コロナウィルスもさることながら、今カンボジア国内では、大きなことが起こっています。

それは、5月1日から実施された交通ルールの厳格化です。

これについては、またの機会に触れたいと思います。

さて、一般市民にとっては、平凡な日曜日の午後。

コロナウィルスの心配もほとんどない状況下で、経済活動だけが制限されたプノンペンのToul Kork地区にきました。

イオン2号店を通り過ぎると、郊外にアンコアプールバードというきれいな通りがあり、道路の両脇は一定間隔に植樹されています。

ここが風通しがよく、見晴らしもよく、しかも木陰で涼しい。

良さげな木陰を見つけて、シートを敷き、ハンモックをかけます。

音楽を聴きながら、しばしリラックス。

ところが、ポリスがやってきて、ここでハンモックをかけてはいけないと注意され、移動することに。

しばらく先にポリスコントロールがあったのですが、そこではポリスがハンモックをかけてお昼寝中。

こういう矛盾がまかり通る世界です。

それならば、人気のないところ探しということで、もう少し奥地を探してみました。

全く人がいません。

この頑丈そうな木にハンモックをかけました。

日差しを遮断し、涼しい風が吹き抜けていくので、まるで自然のエアコン。

ヤギの群れが来ました。

のどかな午後です。

久しぶりに、音楽を聴きながら、まったりとした時間を過ごしました。

お金をかけなくても、自然の中でたっぷり楽しむことができます。

カンボジアには、手つかずの自然が未だにたくさんあるのですから。

 

コメント